饒舌な闇/散文

昔、饒舌な闇を見ていた。

今、懐かしい記憶を探る。

それはよく喋り、よく聞こえた。

私の中にある他人だった。

姿は見えなかった。

だがその存在は私を圧迫した。

私は闇の向こうを見ようとした。

眼を巡らせて視界を回転させた。

上が右になり左が上になり下が左になり右が下になった。

耳がよじれて首が曲がる。

鼻は何者も嗅ぎ出さない。

伸ばしたはずの手も見えず、伸ばしたという認識が疑われる。

足腰は自重を見失う。

耳に手はあるだろうか?

声はどこから来るのだろうか?

柱の中から声が聞こえる。

柱の中に声が詰まっているのだ。

聞いた事がある声、聞いた事がない声。

柱が喋っているのに違いないのだ。

僕は言った。

それは幻覚だと。

目を瞑ると闇が見え、耳を塞ぐと声が聞こえた。

鼻口を閉じると、痛みを覚えた。

夜は饒舌だった。

広告を非表示にする