未来/夢日記

夢日記*2010.03.14

ここは中学校だ。

級友はみな中学生の姿格好で、僕だけが今の姿。

そして窓の外は、山だ。

灰色の曇空、灰を被ったように褪せた緑の木々。

寒々しい世界。

「ここはどこだろう?」誰かが言った。

「ここは未来の世界」誰かが答えた。

視覚が宙へ舞い、校舎を俯瞰する。

どこまでも続く灰色の針葉樹林に覆われた山々。その中心に据えられた立方体の校舎は回転して、球状の青緑色の光に包まれていく。水がどこからともなく流れ来て、校舎は水没した。

「また時が流れた」誰かが言った。

廊下に出た。

田んぼが広がっていた場所に3階の窓のところまで水がたゆたっている。

暗く澄んだ色。

「時間は経った。僕はここに戻ってきただけだ」僕は誰かに言った。

「誰も過去には戻れない」僕は言った。

「前に進むしかないのに戻れない。だから、自分の道を選べ」僕は誰かに言った。

僕は選ばなくてはいけないと思った。

=*==*==*==*==*=

なんのてらいもありませんが、夢が僕に訓戒をしようとします。

そういうことがあります。

広告を非表示にする