7月の購入/読書

久々の大量購入ですよ。

ニーチェツァラストゥトラはこう言った(上・下)』、カエサル著・近山金次『ガリア戦記』、オイゲン・へリゲル『日本の弓術』岩波書店

松岡圭祐『マジシャン 完全版』角川文庫

乙一『暗いところで待ち合わせ』幻冬舎文庫

桜井章一『人を見抜く技術』講談社α新書

桜井章一甲野善紀『賢い身体バカな身体』講談社

甲野善紀×茂木健一郎『響きあう脳と身体』バジリコ株式会社

ニーチェカエサルと。訳はどうかなぁ・・・。

松岡氏はこの辺で打ち止めかも。乙一久しぶり。

桜井氏以下は講演会でノリ買い。

注目は初モギー。僕は脳科学者と思ってないんで、話の面白い賢い人という認識。

あと、ピースメーカーの3巻と海皇紀の40巻も購入。

予定で言えば、打ち切られちゃったけど『フープメン』が出たら買う。

10話前後までのまとまりっぷりと最後の少しダッシュな展開から見るに、作者は10話までの見通しと3巻までのストックを持ってたんじゃないかな。

最近、あまり立ち読みに時間を割いていないから、単行本でじっくり読みたい。

たぶん、こうやって人は本を新品で買うようになっていくんだな。

忙しくて悠長に古本を待ったり、立ち読みしたりできないから。

そんで、次の段階がジャケ買いだろう。

高校生時代からジャケ買いしてた人たちって、そういう信仰があるか、その頃から忙しい思いをしてたかのどっちかなんだな。

ふーむ。

広告を非表示にする