風邪です/daily

風邪をひいて寝ていた。

今日もまだちょっと体に残っている。

まだ寒気がする。

でも、今日はだいぶいい。

どれくらいいいかと言うと、

「テンション↑!テンション↑上げよう!行くぞ!動くぞ!」

とか心の中で叫びつつ動けるくらいです。ヤッホウ!ハロゥウィン!

体調が悪くなると思考もネガティブになりがちである。

言葉が足りない。知識が足りない。意欲が足りない。度胸が足りない。

ああ、ほら、髪が抜けていく。はげちらかしていく。

また痩せたのかもなー。

無惨なありさまだろうなー。

とか、ね。

僕は僕が見ている自分を信用してはいけないと、それが言う。

それは確かに他人に見えている自分ではない。

僕が見ている自分と他人が見ている自分とは異なっている。

だから、ネガティブな時には他人が見ているポジティブな自分を見るべきだと、それは言う。

それって何だ、っけ?

伸ばした手の先に鏡に映した自分がいるように想像する。布団の中で。

想像の中では鏡の前とは違って、鏡像の自分に僕の右手が触れて、鏡像の自分が僕の左肩に触れて、そして。

寒気がする。

寝ている間にたくさんの夢を見た。

水没した明治情緒漂う町をカヌーで漕いで周ったり、森を走ったり。

居合の達人に対して白刃取りをしたら、手の内で刃をひねられて引き抜きざまに親指を落とされて首筋に一撃を受けた。「こんな抜き方初めて見ました」と言ったら「滅多にない状況ですから」と言われた。

確かに。

バイト前にアスピリン(比喩)呑まないとだめかなぁ。

あまり発熱しないで、鼻水と喉の炎症が微妙につらい風邪だから布団でじっとしているのが面倒に感じるんだよね。

あぁ、自由になりたい。

いんや、俺は自由で、自分の愚かさに縛られているだけだ。

自らを律するものだけが社会に対して自由でいられる。

そうでないものは社会に縛られる。

そういう見方も、ある。

俺は今、微小なウィルスに縛られている。

ぐずぐず。

広告を非表示にする