蛇と車輪/夢日記

■070422.sun-昼寝■

夜。

自転車を漕いで伊都キャンパスへと向かっている。

弟は原付で途中まで同じ方向だという。

そして三叉路で、弟は峠越えのルートを取り、俺は回り道だが起伏の少ないルートを選んだ。

そして、住宅街に差し掛かる。

蛇の群れがショートカットで通る空き地に地面を覆うほどたくさん居て、うぞうぞと蠢いている。僕は加速していたのでよけきれずにその上を進んでしまう。踏み潰す感触に「ごめんなさい、ごめんなさい」と呟いているうちに、気を取られて斜めに立てかけてあったトタンに乗り上げ、盛大にジャンプしてしまう。そして、蛇溜まりにどちゃっ!と落下。

□ □ □ 

ヒィー!

ごめんなさいごめんなさい……

…ま、慣れたもんですがね(←三ヶ月に一回くらいこんな微グロの夢を見る。半年に一回、マジグロ)

広告を非表示にする