耐え忍ぶ時/Hawks

われらがホークスが絶不調です。

何位なのか確認するのも嫌です(笑)

川崎が離脱、多村、大村、小久保、柴原が爆弾を抱えた状態と、怪我人も多いですが、何より雰囲気が悪い。

まず、開幕前から断然の優勝候補に上げられていたプレッシャー。

そしてその通りの快進撃を見せられていないというプレッシャー。

二重の重圧がホークスを縛っている。

これが一つ目。

そして二つ目は投打の中核の不振。

投はエース斎藤。

キャンプで腕を高く上げるフォームに挑戦中と聞いた時から嫌な予感はあったのですが、やはりリリースポイントが手前になってしまって持ち味の直球、変化球共にノビ、球速が低下…

投球で重要なのはいかにリリースポイントを遅くするか、そして、リリースまでの軌道を打者から隠すか。腕を高く上げるフォームは力感はありますがこのいずれも満たすのは難しい。非常に難易度の高いフォームです。それに、斎藤自身肩に故障歴がありますから、より肩からボールが遠くなるフォームは危険な感じがします。

ミニキャンプを張って肩を作り直した方がいいと思います。正直。

打は小久保&松中。

この両者が打たないとは言わない。しかし、存在感が期待以下。それがチーム全体の閉塞感の原因。

何より投手が乱調し始めた時に近寄ってやる内野手がなかなか居ないんですね。

捕手は捕手戦争でイッパイイッパイ。本多は2年目。本間はそういうキャラじゃない。格から言うと松中か小久保しかいないんです。

けど、松中は気楽にするような声をかけるタイプじゃない。となると小久保しか居ないが、小久保も戻ったばっかりだし、ここ最近エラー続きというのもあるのか、ちょっと少ない気がする。

そして両者とも打撃の方も絶好調からは程遠い…

雰囲気が悪くなります。

川崎が居ればもっと違うと思うんですが……

とにかく、川崎が戻るまで頑張るしかない。

投は斎藤はまだまだ苦しむ可能性があるので、松坂世代三人衆がそれぞれに責任を感じるのではなく、三人で三等分して責任を背負うこと。そして競い合うこと。斎藤不振のプレッシャーをそれぞれに背負いすぎ。気負いすぎ。三人で競う中で埋めることを考えて欲しい。そもそも、そういうライバル関係でしょうが。

打は、とにかく王監督も強気になって欲しい。

一番は大村!二番は本多!これで行くべき。

二番本間で初回からバントってのは無し!初回からバントだと攻撃が萎縮して勝ったとしても2、3点しか取れないケースが多い。5回以降のバントと3回までのバントは意味が異なる。前者はロースコアゲームの勝因、後者はロースコアゲームの原因。もっとアグレッシブに攻めて欲しい!

空いた6番はブキャナンを上げる!そして宝くじの7番には江川!

7番は6番より気楽ですから江川辺りの期待の若手を置くのにぴったり。そして堅実な6番は意外にも巧いバッティングを続けるブキャナンがいい。

明日は水田が先発。

久しぶり?関係無いね。

良いか?グラウンドは戦場だ!死に物狂いで駆け抜けろ!

全力前進全力全開全身全霊全面戦争だっつーの!

どんな選手でもいい!打て!投げろ!そして勝て!

がっつり勝て!むさぼるように勝て!果てしなく勝て!

きーーーーっ!

以上!

広告を非表示にする