早朝便/夢日記

■060623/FRI■

場面がくるくる変わる。

眠りが浅いせいだ。

苦しい。

左手の人差し指の第二関節。

膨れるような、違和感。

意識が、浮遊する。

ここは、ホテルの一室か。

母と弟と共に、ブラジル戦の開始を待っている。

薄暗い部屋。

何の気も無しに廊下へ出てホテルの非常階段へ。

非常階段の上、漆黒の闇に包まれた静寂を地上の方向に見る。

見えるものが無いからこそ、何かを見ようと視覚は錯覚する。

見つめるほどに視界は揺らぎ、白い何かを見る。

湧き上がる湯気のように上昇するその薄靄の様な塊は、次第に不吉な形をとり始めた。

狂相を顔に浮かべ、手に包丁を持ち、空を垂直に疾駆する髪の長い女―。

僕はホテルの中に戻る。

ホテル内の階段を登る。

登り終えるとそこは地上だった。

裏路地。

静かにたたずむ隠れ家的店たち。

僕はその中の一つに入り、朝食を食べる。

□ □ □

う~ん、無理矢理眠ったから変な夢見た。

広告を非表示にする