中継ぎ二人/Hawks

いやあ、今日は負け試合でしたね。

初回からズレのエラーで失点。

RKBラジオの稲尾氏曰く「新垣はこれではペース作りづらいですよ」。

全くその通り。

その後は不安定ながら耐えるも打線はパウエル攻略の糸口を掴めない。

3回、4回と持ち直したかと思ったら、5回に2連発。若さが出る。

打線が7回にパウエルを捕まえて、一時同点に追い着いたのは収穫。

宮地も代打でなら使える目処が立ったかな?

ただ、代打・吉本というチョイスは無いのか…?

その後は、三瀬の失投と吉武の意味不明なカット連投。

ズレの今日二つ目と松中さんの焦りがミエミエの失策(焦って早めに目を切っちゃってました)で、突き放されてジ・エンド。

ま、初回のズレのタイムリーエラーで決着したようなもんです。

さばさばしときましょう。

さて、問題は三瀬と吉武。

まず三瀬。

あれだけ良いボールと悪いボールの差が激しいと使いづらいですね。

素晴らしい球が行ったかと思うと、スンヨプに打たれたようなクソボールを投げる。

日によってでは無く、一球一球調子が違って読めません。

あれではちょっと勝ちパターンでは使えないです。

こないだカラスコをロングリリーフして好投した神内を左の勝ちパターンに入れるべきですね。

次に吉武。

テレビで斎藤ピッチングコーチの「カットに頼りすぎ」というコメントが紹介されていましたが、カットは去年からファウルを打たせてカウントを整える球だったはず。それか、直球で押しといて、カットでずらして内野ゴロ…という球。

間違ってもあんなに投げる球じゃないです。

フルカウントからは、ドロップカーブがあったじゃないですか去年は?

どうしたんでしょう?

いずれにせよ、あんなにカットボールを投げるということは、本調子では無いということでしょう。

これまた勝ちパターンでは使いづらい…。

吉武の替わりは居ません。一応藤岡が候補ですが、新人にはそこまでの期待は禁物です。できる事ならドロップを思い出して自らを取り戻して貰いたい。

以上、何か最近数字上でしかチェックしていなかった吉武と三瀬の状態を、肉眼でチェックして妙に納得しました。

ところで、堀内の解説って毒にも薬にもならねぇ。

成程、凡将。と思いました。

翻って、野村はなかなか良い戦術眼を持っているように見受けられました。

早いトコ広島に帰って自ら後継者を育てて欲しいですね。

ではでは。

広告を非表示にする