犬探し/夢日記

■060515/MON■

高そうな服を着た上品な女性が犬を連れて自転車に乗っている。

髪は肩を過ぎるか過ぎないかぐらいの長さで、やや赤みがかった深い茶色。全体に柔和な顔つきで優しい人だと分かる。

連れている犬は、黒のテリア。僕にすごくじゃれてくる。

「ご主人様に会えて嬉しいのねぇ」そう言って女性はくすっと笑う。

僕が飼えないからこの女性がこの犬を飼っているのに、女性は僕から預かっているつもりらしい。だから犬の主人は今でも僕なのだそうだ。

犬の頭を撫で回しながら女性を見上げて訊く。

「散歩ですか?」

「いいえ、ちょっとお買い物」

「毎日外に出してくださっているみたいですね。ありがとうございます」

「いいのよ。暇だし」

「暇だなんてそんな…。引き止めてしまいましたね。お買い物」

「それじゃあ」

「はい。それじゃあ。ロクも、またな」

犬の名は“ロク”というらしい。僕は一人と一匹に手を振った。

それから5分も経ったろうか、僕を呼ぶ声がして振り返った。

先ほど別れたはずの女性が大急ぎで戻ってきている。

女性はすぐに僕に追い着き、息も絶え絶えに僕に尋ねる。

「ロク見なかった?」

どうやら途中で彼女を振り切って行方不明らしい。

僕らは手分けして探す事にした。

□ □ □

こういう他人事のような夢を見る事もある。

テレビでドラマを見ているような…

広告を非表示にする