占われる人々

僕も結構好きですが、この科学全盛の時代に占いや性格診断が大人気です。

いや、むしろ科学が進みすぎてブラックボックス化しているが故に、信頼を失っているのかもしれないですね。

占いの方がよっぽどその理論を隠していて、信頼性は低いはずなのにね。

ま、理科離れが進む世の中。理数教育の不完全性の一つの表出なのかもしれません。

ま、そんなことより、占いや性格診断が大人気です。

占いに身を任せ、性格診断を真に受けて真剣に悩む人もいるとか。

とか何とか言って、お前も好きだと書いたじゃないか、と仰る向きもあるかもしれない。

僕は占いや性格診断を、「占いの結果が当たっているか当たっていないかを考える中で、自分がどのような人間であるのか客観的に捉える良き媒介」として捉えていて、僕の中でそれは自己分析の参考であって絶対ではないのです。むしろ当たり外れを楽しむ娯楽ですらあります。

ま、何にせよ予測の難しい世の中。

誰かに断言してもらいたい。

誰かに進むべき道を示してもらいたい。

そういう依存性が高まっているのかもしれません。

…あ~、ところで、細木数子にずばり言ってもらって何が嬉しいの?と思います。

結構いい加減じゃないですか?あの人。

話半分、占い半分にしても、イチイチ小煩くて癇に障るんですあの人。

ってか、ネーミングセンスが無い!(そこかよ!)

広告を非表示にする