かえり/かわる

寒い!

あられやらみぞれやらが降って、風が吹き荒れてマフラーは翻弄されて。天候っていうのは本当に気まぐれだ。

しろしい!

今日は、風が強くて空気が冷たい。

曇っているから夜の闇も深い。

…何と言うか、僕は孤独に弱くなったなとつくづく思う。

闇夜も寒さも以前はそれが当たり前だと思っていたのに、近ごろはどうにも堪える。

前よりも生きる意志が強くなったせいだろう。そういうネガティブなものへの共感が少なくなった。

単独でない、独特ながらも確かに社会の一部(但しそれは非常に特殊な一部)に自分を位置付けたいという欲求が生命力になっているのだ。

そういえば、あれだけ身近だった死のイメージが、今はけっこう遠くに感じる。まぁ、まだ普通の人よりは近すぎるけど。でも確実に遠ざかっている。

心の変化によって世界の捉え方が変化している。弱くなった部分と強くなった部分が同じくらいあって、それが揺らいでいる。

変化の方向は一貫しているように思うが、なかなか安定しない。不安定なのはいつも通りだけど、変化がはっきりとしている点がいつもと違う。

変化は急激で、戸惑うことが多いのだ。

冒頭の孤独への弱体化もその一つ。

弱音ではなくて、そういう変化が一生続くと思えるのが不思議で、楽しい。

一人で居るときに寂しいと感じるとは、何て人間的なんだろう!

まだ独りの方が気楽に感じる向きもあるけど、少しは孤独を辛く思うようになった。

一人で飯食うのが寂しいとも思うようになった。

他にもいくつかの好ましい、良い変化があって(今は書かないけどね)、そういう変化をしみじみと日々噛みしめています。

はは。つくづく変な人なんよね、僕ってのは。

広告を非表示にする