どうもこうも/凹

♪傘が無い~

憂鬱ですねぇ。憂鬱です。

雨ですから。雲行き怪しいですから。

憂鬱ですねぇ・・・。

そう言えば、「ヒビ記」というカテゴリは、「日々記」と「響き」、そして「ヒビ(罅)記」を重ね合わせたものです。

故に本来は、通常の日記、詩文、心の罅、を含んでいます。

でも、今は一応心の罅を「書き、散る」に隔離しています。

日記を読んでいてダウナーなのとか、他人の下手な詩を好んで見たい人なんてそうは居ないと思って、こういうカテゴリ分けにしました。

更に、「書き、散る」に記事は、直後に他の重くない記事をアップする事で、最新の記事にならないように気をつけています。

仮面です。仮面ですね。

しかし、確かにそれらも僕の日常なのだから、いつか統合したいなぁ、と思ってカテゴリタイトルはそのままにしています。

調査に向けて、「どうして・・・」と質問を考えなければならないのに、

瞬間的に「どうして生きているの?」に思考が連結されてしまって手に負えない。

君は何をするために生きているの?未だ生きていくの?

そういう質問が一番キツイ訳で・・・一番キツイから問われるのだけれど。

ツライ。

質問項目が纏まらない。

境界線に立っている。

いつも境界線に立っている。

押し出される直前で踏ん張っているから、

境界線に立っている。

飛び越える直前で我慢しているから、

境界線に立っている。

境界線は細くて、それを時間軸に沿って進むのはとても危険だ。

何時向こう側に落ちてしまうか知れない。

でもその道しか見えないから、

境界線は見えるのに、その線の内側が良く見えないから、

僕はそこを歩いている。

ふらふらしながら歩いている。

きっと仮面に穴を開ける時に、失敗してしまったからだ。

仮面が多過ぎて失敗してしまったからだ。

見えにくい。見えない。前が、見えない。

広告を非表示にする