お勧めSleipnir/web

ウェブブラウザの話・・・ってか、マウスジェスチャーの話です。

僕は最近、IEコンポーネントタブブラウザSleipnir 2.00”(“スレイプニル”と読みます)を使い始めたばっかりですけど、「マウスジェスチャー」機能がやばいです。この機能、便利すぎて中毒出てます。

マウスジェスチャー」というのは、まあ、マウスのボタンを押したままでマウスを動かすと、ショートカットキーと同じ事ができるという機能ものです。

例えば、

「右クリック+←(マウスの右クリックを押しながら左へ動かす)」すると、「閉じる」。

「右クリック+↓↑(マウスの右クリックを押しながら下、上と動かす)」すると、「更新」。

・・・という具合です。つまり、マウスを使って格闘ゲームみたいなコマンドをしたら、インターネットの色々な操作ができるというわけです。

もちろんオプションで、マウスの動きとアクションの組み合わせを自由に設定できます。

僕は直感的な動きを大事にしたいので、「右+←」で「前へ戻る」、「右+→」で「次に進む」、「右+←↑」で「上の階層へ」、「右ダブルクリック」で「すべてのタブを閉じる」・・・といった具合です。

ウィンドウ上で、ちょこちょこっとマウスを動かすだけでインターネットの操作がすべてできるこの機能、超便利なので癖になってやめられなくなってしまいます。

故に、スレイプニル以外のソフト、例えばWordとかで「元に戻す」をしたくて右クリックしてマウス動かしたりして、「あ、スレイプニルじゃねえや」とがっかりしてます。

他にも上級者には便利な機能がかなり付いているようですが、僕にはさっぱり使いこなせていません。

しかし、マウスジェスチャーは便利!スレイプニルに限らず、ソフトウェア全ての標準装備となること必至のこの機能、みなさんも体験してみて下さい。

スレイプニルの公式サイトは↓(と、バナー設置の練習も兼ねてみる。)

タブブラウザ Sleipnir 公式ページ(上級者向け)

ところで、Sleipnirスレイプニル)というのは北欧神話に登場する8本足の怪馬の名です。

北欧神話の主神・Odin(オーディン)の愛馬で、最も速く駆ける馬であり、空も飛びます。

FFをやったことがある人は見たことがあるはず。召喚魔法のオーディンが乗っているのはこの馬です。

開発元はFenrir & Co.と言う会社なのですが、

Fenrir(フェンリル)は同じく北欧神話に登場する悪役で、強大な狼の名です。

“神々の黄昏(ラグナロク)”の戦いにおいて、オーディンを丸呑みにします。

こいつは有名な悪役ですよね。

さて、この二つの神話の登場人物(?)、共通点があります。

それは親。

FenrirはLoki(ロキ)という北欧神話トリックスター(善悪定かでないトラブルメイカー的神)の息子。

Sleipnirは同じロキが、雌馬に変身した時に生んだ馬。

このネーミングセンス・・・開発者の柏木氏は神話好きと見た・・・。

蛇足。

北欧神話は結構身近なところに根付いています。

例えば曜日の名前。

“Tuesday”は、北欧神話の剣と裁判の神Tyr(テュール、チル)の日。

“Wednesday”はOdinの別名Woden(ウォーデン、ウォーダン)から。

“Thursday”は雷神Thor(トール)。

“Friday”はOdinの妻のFrig(フリッグ)から。

それぞれ由来しています。

だから何かって?知りません。それがtriviaってもんです。

広告を非表示にする