夢日記051020

九大の構内。

食堂から地蔵森へと歩いていると暗雲が西からどろどろと流れてくる。

嫌な予感がするのでずっと歩いて正門前の緑地まで逃げる。

振り返って理系書籍部のほうを見ると、黒い雲から幾筋もの黒く細長い液性の帯が触手のように降りてきて、学生が次々溶解していく。

もののけ姫ダイダラボッチみたいな

広告を非表示にする