自己言及

おひさー/ヒトトナリ

なんか久しぶりやのー。 ここのところ悩みまくりです。 んで、「ここ1年について/anual」と「中の人などいない!/ヒトトナリ」についてなんだけど、まぁ、だいたい嘘なので。 ……ということにしたいんだな、俺の立場としては。 やっぱりこういう「精神的に…

中の人などいない!/ヒトトナリ

僕の頭の中に住んでいるキャラクターがいます。 それらは人格ではなくて、自動的なルーティンです。 名前はありません。 たとえば、以下の画像です。 彼女は、僕の調子が悪い時に右後方から現れて、僕の心の中の右腕を掴みあげて出刃包丁で切り落として犀の…

是認/自己言及

気がつくと自分を居ないものとして扱ってくれることを期待している。 それは、僕が自身を居ないものとして扱いたいという願望の延長に現れたものだ。 それが楽であると裏打ちするだけの経験がそういう願望の源泉となっている。 とはいえ、そういう弱さは改め…

現実に対する自己の定位について/自己言及

僕はみんなとは裏側から世界を見ていると思う。 それは、裏側の世界にいるという意味ではなくて、世界の見方の問題。 あるいは、“ネガ”と“ポジ”で表現するほうがいいかもしれない。 みんなは現像した写真のような見方だけをしている。 僕は現像前の“ネガ”の…

此処のこれ、この困惑/自己言及

空虚だ、と思う。 空を見上げているとゆっくりと上下の感覚が麻痺していく。 空が落ちてくるのか空に落ちてゆくのか。 判然としないまま天地が逆さまに落ち合って、区別を失っていく。 そこには思考しか残らず、身体感覚は消失する。 「生きているとはどうい…

自己分析/自己言及

以下、チラシの裏に書くようなつまんない話。 自己分析とは、他人が見たところでまったく面白くはない。 しかし、自己分析を自分ひとりで抱え込むことの不健康さよりは、公開したほうが心理的負担は小さい。 つまり、そういう自家中毒回避の意味合いが、自分…

僕の作り方/雑念

朝。 日課。 風が吹いている。右肩が重い。死者が歌っている、と思った。思っただけだが。歌が風に乗る。死刑制度とはなんだっけ?人の道を外れたものへの憎悪。それはなあに?石ころを踏みつけた。音色が変わる。前を歩く人のスカートのすそが気になる。ミ…

床下/自己言及

ダメ。 全然ダメ。 思考の基盤が腐ってる。 知ってる。 誰にも言ったことがないけど、それしかない。 奥底に、床下に井戸が埋まってる。 イヤだ。 知ってる。 それがすべての行動の根拠。 悪の根本。 イヤだ。 書きたくない。 邪悪な思考だ。 14年前に埋めた…

最悪だ/自己言及

最悪だけど死ねないぞ俺は。

何だかなぁな/雑念

耳を傾けると必ず歌が聞こえてくる。 それくらい歌はやさしい。 課題に取り組んでいるとき、知識が助けてくれるとは限らない。 思考はそれくらい難しい。 本を読むのは楽しい。 それが一番楽しい遊びだ。 僕は素粒子になって旅をする。 世界は一刹那の夢に過…

渦/雑念

嗚呼、渇く。 雨で膚は湿っているのに、どうしてこんなに渇くのだろう。 喉の奥で何かが悶えている。 何かが俺の中で焦れている。 月だ。 円い月だ。 丸々と満ちて、巨きい。 目に入らない程に巨きいのに、 喉につかえる位に巨きいのに、 どうして耳の奥に映…

行く者来る者/人間

「来る者拒まず、去る者追わず」という言い方がある。 僕はこれって贅沢だなぁと羨ましく思います。 「去る者追わない」ためには、まず僕という存在を認識してもらう必要があり、その上で近寄ってもらって、アプローチされる必要がありますでしょう? なかな…

ブログを書き始めてこんな威勢のいいこと書くのは3回目とか?/自己言及

所属が変わるということは大きな環境の変化に見舞われるということだ。 幼稚園から小学校、小学校から中学校、中学校から高校、高校から大学、大学でもサークルからゼミ、ゼミから社会へ、人生のステージは変化していく。 ある人間の果たす役割はその所属す…

心象風景/自己言及

昔このブログにこんなことを書いた。 今は。 光は感じる。 しかしそれは背後に在る。 光は背後から進む先、漆黒の闇へと投射されているのだ。 遠くに行くほど光は弱まって、そこに何があるかは微かにしか見えない。 でも、現実にはそちらが進む先なのだ。 光…

登場人物として/自己言及

ここにはよく解らないことがよく解らないままに書き残してあって、 振り返ってみると「ああ、こんな馬鹿なことを考えていたんだな」と思ったりもする。 それはその瞬間に所有していた限定的な情報を基にした思考であるのだから、 将来的に誤りを指摘されるこ…

「私たち」/カオス

「私たちってなんなのだろう?」 ってときどき思う。 でも自分でもこの「私たち」がどこまでを指すのかが解らなくて、困る。 私だけのことなのか、家族のことなのか、友人グループのことなのか、研究室のことなのか、バイト先のことなのか、土木業界?福岡市…

道具としての自分/自己言及

自分は別に無能ではないということは解っている。多分だけど。 でも、興味の方向性をコントロールできないので、自分の身をどう処したらいいのかが解らない。「無脳だな」 例えば今日は朝から以下のようなイメージが頭の中にある。 静かな湖面に腰まで浸かっ…

ドアの向こうに/自己言及

トイレのドアを開ける時、 自分の家のドアを開ける時、 ドアの向こうにもしかしたら死体が転がっているかも、とちょっと期待混じりの緊張感を抱く。そして、何もない、誰も居ないことにほっとする。 中学生のころからだ。 まあ、漫画脳だなぁとは思う。しか…

v.s. Myself/自己言及

何も手につかなかった先週が過ぎ去った。 こういう週が時々あるが、過ぎてみるとなんであんなに自分の弱さに対して無抵抗だったのだろうかと腹が立つ。 極めて苛立たしい。 そして、もう今は明日だ。 問題のある表現だが感覚的には正しいとして済ませたい。 …

真の邪悪/WonDEerrs

激しく調子悪い。 おしまし だめだかもしれません。 以下は史上最悪です。 いけません。 わるい。よくない。よくない。よくない。 おわってる。 議論の余地など無いことだ。おしまいなんだ。 理性はこれを避ける。あなたも、人間だったら。避けるべき。 ああ…

Days Goes On/WonDererS

「以前言われたよ、“言わせてもらうが、お前、考え方がガキだよ”ってな。ああ、知ってるさ、とは言わなかったのは“大人”かな?“子供”かな?だが、どういう考え方が“大人”なのさ?自立して生きていくこと?成程、そいつぁエラいこった。だがな、オレは自分が…

dead or alive/wondeRers

「ねぇ、本当に殺しては駄目?」 「駄目だよ」 「どうして?国だって殺すじゃない」 「死刑と私刑は違うよ」 「ずるいわ。ワタシにだって殺させてよ……。そうね、死刑囚を切り刻ませてくれればいいわ」 「駄目だよ。俺らが受ける精神的負荷を考えて欲しいね」…

寂寥不感症/自己言及

今日になってふと思った。 たくさんの記事を書きたがるということは、それだけ普段言い足りない、話し足りないことがあるということ。 それをひっくり返すと、それだけ自由に自分の話を聞いてもらうことが出来る人が少ないということ。 …あれ?僕って、寂し…

大洪水/wonDeReRs

目を閉じて辺りを見回す。 すべてが水没し、世界は様相を変えてしまった。 遠きを眺むるに幾峰かの高山の頭がわずかに見えるに過ぎない。 しかし、水面は静かである。 水面だけではない。 空は青く澄み、雲は緩やかに流れ、風は暖かく爽やか。 高峰のかしら…

白馬の王子様/myself

恋愛における自分の考え方は間違っている、と思う。 そう自覚している。 自分が、他人はいざ知らず自分については安定よりも波乱を好む性質なこともよく知っている。そのために、「ある程度、将来が決まってないと相手を不幸にしてしまう」と考えて、「成功…

とまどい/屑籠

真っ直ぐな人を見ていると羨ましくなる。 彼らは、目標を見定めているので、例え予定外の外力が働いてもすぐに針路を修正して目標に進むことができる。 僕は、何だろう? 外力が働くたびに針路を変更して、内力にもしたがって、軌跡ははちゃめちゃで瞬間ごと…

人生叙述トリック説/モノゴト

このブログは一種、叙述トリックかの如き様相を呈している。 つまり、「よしひら」という事象を多角的に記述する体裁を取っているが、その一つひとつの証言について、誤認識や虚言の可能性があることを認識しつつ読まなければならない。 書いている僕にとっ…

助け/myself

助けられる。どうしたらいいか分からなくなる。助けられる時に生じる責任。プレッシャー。怖い。助けられるの怖い。それ共通している。助ける自分すらそう。助ける時助け合いを想定しない。怖い。不気味。客観的には理解する。物語的に理解する。でもそれフ…

煮詰まるくんの自白/凹

以下、とっても長いファンタジーです。 論文がやばくて頭がフットーしそうだよう! いや、既に沸いてる沸いてる。 この中のほにゃららと実在する人物、団体とはある意味一切関係ございません。

「恋人」というもの/myself

「なんで彼女がいたことがないの?」と訊かれた。 「僕で幸せにできると思えたことがないから」と答えた。 想っているだけで幸せ。 想い人の幸せは人任せ。 「他の人に取られちゃうよ?」 その疑問は当然。 「その人が幸せならそれでいいんだよ」 その返答は…

つづらつら/カオス

眠い。9時間寝たのに。 論文修正、なんとか追加調査を逃れる方法を… みぞおちがいやーな重さです。 なぜ的場なんだろう? 仙台では勝ちに繋がらなかったが、打線の流れは良かった。 痛んでいる大村はともかくとして、山崎からスタメンマスクを変える理由は…

幾冊かの所感により/myself

貴志祐介の『十三番目の人格-ISOLA-』を読んだ。 面白かった。 1996年の作品ですか。当時読んでなくてよかった。というか、この時期は小説読んでなかったけど、当時読んでいたら人格壊されかねないな。 以下、自分の人格形成の話。

これは……/凹

なんてことは無い、面白くもなんとも無い話だ。

想像力の悪い使用例/myself

僕の悪い習慣の話です。 ちょっとグロい話になります。 小中学生がよくやるいたずらに「相手を高いところから落とすふり」というのがありますでしょ? 僕は中学校入学時点で133cm、30kg、卒業時点で147cm、体重は37kgとかだったのでこのいたずらの格好の標的…

擬凡偽善偽悪/凹

普通の人っぽく振る舞おうとしている。 …正確には、ちょっと不思議系になってしまっているが…普通っぽく在ろうとする。 善いことを考えても、普通には実行が難しい。口だけの偽善だ。 悪いことを考えても、良識が許さない。書くだけの偽悪だ。 可能性を広く…

とりとめもない/凹

月曜日ぶりです。 今週が終わろうとしている…。 まあ、世の中いろいろありますから、ちょっと抵抗力が下がってると風邪もひきますわな。 火曜日は朝っぱらからアレでしたし。 完全にアテられて、こんな記事書きました(以下、引用内はボツ記事)

好き嫌い怖い/myself

僕は人間の集合としての人類が好きです。 しかし個別に見ていくと、少数の好ましい知人と多数の好ましからざる知人と、好悪すら定かでない赤の他人とがいて、更に習慣的に初対面の人に警戒心という軽度の敵意を抱きがちであることから、一人ひとり好悪を挙げ…

FineArts/Wonderers

Hello, Sneesnock/WoNdeRerS

(余計な追記) こんな私は間違いなく循環質(笑 クレッチマーの分類について勉強したわけではないが、それは確かに循環することで恢復する。

疲れて眠る/うらぶろぐ

昨日は雨に降られたので疲れていた。 とっとと風呂に入って温まって、1時間ほど布団の中で転々としてから眠りに入った。 疲れている時、眠たい時に無理はしない。 無理が必要な時はするけれど、大抵はしない。 以下、なんとなく屑篭に捨てておくような記事。

混沌パラダイス/白黒

そしてまぜっかえす。 いじめ調査:やる方が「悪い」は半数以下 希薄な罪の意識(毎日新聞) この記事は、まあ、ショックと思う人は普通の人。 僕は、少し「まあ、そうだろうなあ」と思った。 いじめをやるのが悪いとは思いにくい。 だって、大人もやってい…

低調.../凹

…ちょっと斜め下… そのうち復活するだろうけど、明日ゼミ。 迷いは無いけど…それが悩みだ… もっと実践的な面での迷いもあるが、それは瑣末だ。 ああ… …とか思ってたら、ちょっと黒くなってしまった。 100の思考力があったとして、 普段は70を白く使って、残…

夢負い人/myself

夢というのは、夢と呼ばれるだけに現実から浮遊していて、それを我が身に引き付けておくのはやはり重荷だ。 現実を知っているのに夢を捨てきれない。その両者の二律背反によって生まれる葛藤や苦悩は殊更に心に重くのしかかる。 夢を追って自身も浮遊してし…

ある問答/myself

特に意味は無い。 ただ、こう想像しただけ。

人称と名前/myself

概念は認識される。 それ自体は、認識した脳内では名前も何も無い純粋な概念として保存されている。 名前は、それを伝達するために便宜上付けられるものである。 ここにおいて、脳内で概念と名前が結びつく。 概念はそれと共通項を持った概念とグループを作…

器と鎖/myself

自動空想装置/凹

周期の周知/myself

ここの管理人は大体2週間周期で好不調を繰り返します。 その内自然に復活しますから、放置しておいて構いません。 というか、自分的にも放置の方向です。

さらさら/myself

「ただばか」 ショックは さらさら のんきに 揺れる まわりが いらいら 近親 師弟 知識の 充足 わたしは 欠いた テスト用紙 ひらひら しっかり 見てた =*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*= う~ん、落ちました。 試験前2週間のメンタリティを考える…

不連続問題/myself

僕には、明日の自分と今日の自分とを切り離して考える悪い癖がある。 明日の自分のために、忘れないようにメモを残す。 メモは、明日の自分が見そうな所を予測して、配置する。 毎日必ず見る場所などないからである。 およそ気紛れで、気まま。 今日サボって…