文散

キャラ和歌/詩

まとめとかないと忘れるので自分用。 ●「鳥餌買い 餓え凌ぐ粟 御飯とか 羨ま欲しい じわりと涎」 (とりえかい うえしのぐあわ ごはんとか うらやまほしい じわりとよだれ) *鳥の餌を買って粟で飢えを凌ぐ。白いご飯とか羨ましいし欲しい!とじわりとよだ…

光輝の井戸/シテキ

井戸の底を見るように 円いまるい月 漆黒の深遠に湛えられた真円 そこから降り注ぐ月光の瀞冽さたるや 底から汲み上げた井戸水の如し 冷たく静かに観るものを潤す 井戸の暗黒の向こうには確かな光脈があるのだ その天上なの光を 渇く真夏を潤す地下水と同じく…

steake of hardd-live/wOndeRers

足りない考えを足していく。 レーザーで焼き込むように。 こめかみから右手のトリガーを引いて発射する。 焼き込むたびにディスクを送る。 螺旋を描く七色の未確認飛行物体が脳髄から飛翔して脊髄を巻き立てる。 閉じないディスク――半分だけ割れたディスクが…

Firewell/woNDeRERs

ひと・ひら・と蛾が飛び、井戸端に羽を休める。 ぐつぐつと煮え滾る井戸の底。 イドの底のソレ。 いらつく。 ぎらつく。 吐き出してしまいたい。 熱を。 沸き起こる熱を。 この井戸が湛えるのは清冽な水ではなく赤熱するマグマだ。 粘性を持って体にまとわり…

告知/daily

「夕刊紙面がイノベイド~素粒子はGN粒子に変革します」 本日より夕刊紙面が変わります。 1面で偏愛されている素粒子はGN粒子に変革を遂げます。 主筆が脳量子波によって敏感に時代の風を感じとり、旬の話題を切れ味鋭くお伝えします。 2面科学面では「ガン…

饒舌な闇/散文

昔、饒舌な闇を見ていた。 今、懐かしい記憶を探る。 それはよく喋り、よく聞こえた。 私の中にある他人だった。 姿は見えなかった。 だがその存在は私を圧迫した。 私は闇の向こうを見ようとした。 眼を巡らせて視界を回転させた。 上が右になり左が上にな…

きらきらくるくる/散文

金色の目が閉じてゆく。 30日のまばたき。 青い目と金色の目が互いにまばたきあっている。 両の目がぐるりと宇宙を見回しながら、 熱い熱い一つ目の父の周りを踊り回っている。 父の手は無数に伸び、 無数の踊り手を捕らえて、 暗い穴の周りを廻る。 暗い穴…

「かぐや」にトラブル 原因はモノリスか?

本日19時よりNYAXAは報道各社に対し、昨年12月21日より定常運用に入っていた月周回探査衛星「かぐや」が本日3時ごろから数時間に亘って月周回軌道を離脱してゐたことを明らかにした。 担当者によれば「かぐや」は「これからは火星の時代に決まってるよ!(>…

『ラピュタ』の…/daily

久石譲作曲の「スラッグ渓谷の朝『ハトと少年』」を歌ったりする。 ……そう、鼻歌じゃなくて、歌う。 歌詞は毎回違っているけど、正式な歌詞が存在するかどうかは知らないし適当に。 というか、『天空の城ラピュタ』の劇中に使われた部分しか知らないので、そ…

いつだったか書いた/文散

いつだったか書いた憶えがある。 だが、思い出せない。 “私は私の中心に私を据える必要がある” 私とは何なのだろうか? 何をするために生きているのか? 果たしてそれは必要とされている事なのだろうか? 私は必要な歯車か? 私がいなくとも世界は回る。 人…

バラバラ/文散

記事数は1500を超えている。 何故書くのか? 外部化することで認識できるものがあるから。 そうすることで安定することができるから。 人間の証明。 書いたものだけで僕が人間であること、人間として存在していることを記録するため。 懊悩を中心として回転…

新単位“K”/戯わ言

曖昧回避 - この項目では架空の単位Kについて冗談交じりに記述しています。一般的な単位であるところのKについてはWikipediaのK(ラテン文字)をご覧ください。

胸の内の砂漠/文散

アイディアの種はそこら中に転がっている。 たとえば、胸の中にも。 今日は今朝から胸の内側に切り裂かれたアルバムが落ちている。 それがアイディアの種だ。 胸の内側はいつも最初は真っ白な空間に過ぎない。 しかし、そのアイディアの種から連想されるもの…

諸君、土木は好きかい?/戯わ言

平野耕太『ヘルシング』少年画報社、より「最後の大隊」大隊指揮官の少佐のセリフ改変をやってみる。(セリフはこちらを参考にしました) 二番煎じ以降の可能性大(…ネットは広大よ…広大すぎて幸せの青い鳥、じゃなかった先例がなかなかみつからねぇ!) ち…

ガ/詩文

我よ 我よ なぜかすかでも光を求める? 闇に隠れておれば 啄ばまれる事はあるまいに 我よ 我よ なぜふらふらと火に集う? 乱れる風に煽られて 身を焼くこともあるまいに ああ でも 光が熱が 血の通わぬ身には 眩しいのであろう 温かいのであろう たとえそれ…

六曜の国/おとぎ話

一週間が7日であることに不合理を感じる日々についかっとなって別の暦法を空想してみた。 =*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*= 我が国の暦法は太陽暦である「太閤暦」を採用して既に400年の時を数える。 一年は365.2425日で計算し、平年は365…

全知全能の男/寓話

以前書いた「全知全能について/侏儒雑感」を別の角度から書いてみた。 こちらの発想の原点は、「何故自分はうまく物事を処理できないんだろう?もし失敗を無かったことにできたら…そもそも失敗しない存在だったら…そんな全知全能だったらどうだろう?」と高…

コロンブスと卵/戯言

コロンブスの卵が生卵で、コロンブスが卵をテーブルに打ち据えた瞬間に卵が孵ってひよこがぴぃと鳴いたとして、それでもやっぱり卵を立てたことにはなるんだろう。 そうなると周りの貴族連中が立てようと試みていた卵の中ではひよこがくるくる目を回していた…

爪と牙のニュアンス、および僕の捩れについて/myself

次の二つの記事は、爪と牙と題した。 「牙/散文」 「爪/散文」 爪と牙は、それが何かを傷つけるときにどの程度意図的でなければならないか、と言う点において大きな違いがある。 つまり、牙は傷つけるときに顎を開き、そして顎を閉じると言う動作が必要であ…

爪/散文

僕の指には爪がある。 そう意識すると、なんだか原始の記憶か生物としての本能か、それを一揃えの鋭利な武器のように感じ始めてしまう。 想像の中でそれは、鋭角に尖っていて、力強く引っ掻いても剥がれる心配はない。 生まれながらに備わった有効な武器だ。…

牙/散文

噛み付いてやる! このオレには牙がある! 見えるか!?食いしばった唇の隙間から、よく尖った牙が! オレはこれからオマエに噛み付いてやる! そして肉を引き千切って喰らい、溢れ出る血を啜ってやる! 血と!肉! 熱く!生臭い! 血液の! 赤に染まり! 臭…

ちしゃねこたろう/おとぎ話

むかしむかし…と言ってもそう遠く無い昔のおはなし。 あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。 ある日、おじいさんが夜道を家へと帰っていると、キャベツ畑に三日月様のにたにた笑顔が浮かんでいるのを見つけました。 笑顔の上には二つの目玉…

機織女/寓話

真暗な空の下、延々と白い大地が広がっている。 星は無い。ただ、真白い満月がひとつ、ぽつんと空に浮かんでいる。 足元には草がまばらに生えているのだが、光が微かすぎてただ灰色に見えている。ほかは石ころのあまりない乾いた地面だ。 僕ははだしで立って…

Marbles/ネタ

Lost the column of marbles in my heart. They are carved out the fantasic existences for myself. But they only existed on fantasy. Their hearts will never beat, 'cause they're marbles. Cold & White. I played the marbles too much time. So I …

夜霧/散文

無知は闇に似ている。 闇の中では、 微かな光がとても強く感じられる。 小さな物音がとても大きく感じられる。 光に誘われ、 もっと強い灯りのある所へ、 もっと明るい所へと惹き寄せられる。 光があれば見えるという希望がある。 そして、いつか明るい所に…

ショート/散文

非常に短い文しか書けないと感じる。 長い文章を十分に理解できていないと感じる。 長すぎる部分が認識の範囲から零れ落ちていく。 ショート。 回路が憂鬱に浸されてアイディアの電流が正しいルートを流れない。 無軌道な連想で脳髄が加熱する。 思考の端緒…

Gravity/散文

高みより地上を見下ろすと、 より強く引き寄せられるような感覚を味わうことができる。 「お前の居場所はそこではないよ。さあ、こちらへ戻っておいで」 大地がそう言っているように感じる。 頭が下がり、手すりを持つ手が緩む。 胸が手すりの上に載り、かか…

みずへび/寓話

昔あるところに一匹の蛇がいました。 その蛇は小さかったのですが他の蛇よりも少しばかり賢く、それを誇っていました。

ぷらすちっく/散文

"plastic"【英】「柔軟」、「順応性のある」、「可塑性の」、「プラスチック」―。 熱で変形するその性質。 まるで、魂のように。 まだ伸びる。 まだ変わる。 "Plastic My Soul" プラスチック・マイ・ソウル。 可塑魂。 成形自由、硬軟自在。 そんで、まだま…

影と闇と光と/散文

希望の光に背を向けた 足元に影が落ちていた 影は黒かった 眩しくはなかった 光は、眩しすぎて、苦しかった 影は見ていて苦しくなかった 自分の、そのままでない、おおよその形だった 醜さは、隠れていた 鏡に映る鮮明な影ではない 塗りつぶされた黒い影 そ…

レコード/詩歌

ジャケットは色褪せて ほこりとともに眠ってる やぶれたあの日から 君はここに埋もれてる 今は別の新しいヤツが そこで名前を売る あぶれた君は それを見てまた愚痴をこぼす でも思い出して欲しい あの時あのシーンの 主役は君だったってこと 聴かせてくれな…

バベル/散文

誰がそれを切り分けた? 傷の治りの悪い刃物―のこぎりで。 じぐざぐじぐざぐ 繋がっていた者達を引き裂いた。 そのぎざぎざの刃で。 切り離された傷口がうずく。 誰がそれを切り刻んだ? じくじくじくじく 地球と言う額縁に隙間無く並べられたピースたち。 …

想い/散文

いろんな歌手が歌うように 「あなただけを愛している」とは 僕は言えない 親愛や友愛や家族愛でもって 僕はなるべく多くの人を愛していたい だから あなたへの想いを表現するなら 「あなたが一番好きだ」と言おう あなたと一緒に居る時が あなたと話している…

誰のための涙/散文

僕は子供の頃、痛みや苦しみで自分が可哀相な時に泣く事が多かった。 自分の為に、泣いていた。 弱かった。 自分のために流す涙は弱い涙だ。 無力感や自責の念から来る涙もまた弱い。 後悔は失敗の後につきまとう。 それは成功の糧にもなりうるし、正しい。 …

話し合いと感謝/思索

人を嘲ったり、貶したり、侮辱したりすると優越感に浸る事ができて、少し楽しいような気分になる。 けれど、相手の悲しい顔を見て気が咎めない人間はいない。 多分、悲しい顔を見て気が咎めるというのは遺伝子レベルで人に組み込まれているのだろう。小さな…

ブランコ/十行物語

何となく、思いつきで。 =*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*=

箱/戯言

今傍らに箱が在る。 ふむ。 もしかしたら猫が入っているかもしれない。 その猫は死んでいるかもしれない、生きているかもしれない。 観測するまでは不確定だ。 しかし、猫ではないかもしれない。 親友に突き落とされた美しいお嬢さんの首が入っているかもし…

ハゲ課長/××歌

高校生の時に作りましたです。 当時は不況でかなり暗い世相だったので、かなり暗い歌になっています。 当時ではあんまり洒落にならなかったのですが、実感がないとは言え景気が好転した今なら笑えるかな、と思って。懐かしい感じで? この歌には実際の曲に合…

カラフル・ソウル/散文

光の三原色に基づいて三色を重ね合わせると白になる。 色の三原色に基づいて三色を重ね合わせると黒になる。 光の場合は何も無いのが黒。 色の場合は何も無いのは白。 光が知性になぞらえられるのならば、 色は欲望になぞらえられるだろう。 赤い光は情熱、…

never-talker/詩

He was the Never-talker. No words ever come out against his will, None knows what he thinks. Everyone talks faster than him, Everyday he his tongue. Even his own brain works faster than his lips. Only his own mutters is able to be heard. H…

しらうを/詩歌

白魚漁何かの漁の網を見つけた。 毎年秋になるとこの川で見る事が出来る漁の形式だ(※)。 空も高く青く、風は心地よい。 そんな季節。 空高く 曇りもなかれ 水はすみ しらうをいさる 台風一過 (※)恥ずかしながら、昼に書いた時までは聞いた通りに白魚漁だ…

なし/散文

昨日から何にも書けないのである。 よって、何の意味も無い記事になる。 しかし、何の意味も無いといいながら、何の意味も無いと宣言する事で却って意味を持っている可能性がある。 意味の有る事を書けているかと言う問いに対して、意味が有るかどうかは情報…

空の高さ/散文

空の高さを知っているか? 外に出て、目いっぱい手を伸ばして見ると良い。 駄目ならジャンプしてみるといい。 どれだけ飛んでも跳ねても、全然届かないだろう? それが空の高さ。 空からずっと降りて来る。 ずっとじっくり降りて来る。 ずっとずっと降りて来…

瞬間と永遠/思索

人は死ぬ。 絶対に死ぬ。 死なない生物に意味は無い。 死なないのは、コンピュータに任せれば良い。 今は、コンピュータも死ぬけれど、もっとネットワークが広大になったら、ほとんど死ななくなるだろう。 そんなことより、人は死ぬ。 コンピュータが死なな…

隔たり/思索

この肉体を持って生きている理由は何だろうか? マイコン世代の時代の僕らが、映画『MATRIX』のような世界を想定するのはとても自然な事のように思う。 僕もご多分に漏れず高校生の時に図書館でそういう話を書いた。 そしてそのコンピュータの塊を丸ごとふっ…

Not Stand Alone/Not Stay Ago /散文

一人じゃない。 誰もが立ち止まる時がある。 あなたが立ち止まる時、誰かも立ち止まっている。 遠くで見えないけれど、誰かが立ち止まっている。 あなたが立ち止まっている時には、誰もが動いているように見える。 あなたが動いている時には、誰かが止まって…

変化への衝動/思索

破壊衝動とは、変化への衝動が社会にとって不利益な方向へと向いた時に呼ばれる通称である。 だが、本人にとってそれは、正しいと思われる状態への変化の欲求に過ぎず、ただ、それが社会と相容れなかっただけである。 秩序の破壊者とは、秩序を破壊して無秩…

ヒト/思索

生物学的に私はヒトである。 では、どう在ったら人だろう? 人らしさについて情報を集め、人らしさを予想し、人らしく振舞う。 私は人らしく見えているだろうか? 「俺って人っぽい?」 と訊いたら、それは人らしくないので、できない。 とりあえず、 「人で…

断片/思索

かりかり まるでラプラス変換のように、物事をシンプルな形に変換して理解する方法がある。 ホモトピー(※)同値のような。(※追記:“トポロジー”の誤り) その統合されたパタンから逆に個別の事象へと至る変換の道程を知ることもまた一つの理の道。 単純化…

花火大会/詩歌

…浴衣の女の子が多いな…ということは今日は大濠の花火大会の日かな? ほとんど季語みたいなものだな。町行く人でイベントが分かる。 福岡に何年も住んでいるけど、大濠の花火大会には一度も行ったこと無い。テレビの映像で見た限り、あれは花火を見られる状…